マーダーミステリー

【レビュー】『王府百年』:話題のマーダーミステリーとは

こんにちは、ケイです。

みなさんマダーミステリーってご存知ですか?

“”
“”
TRPGの一種?
“”
“”
ボードゲーム?

いいえ違います!

マーダーミステリーはプレイヤーが物語の登場人物になりきって行動する犯人探しゲームです。

そしてもちろん犯人探しゲームなので1度遊んだら2度と遊べないネタバレ禁止のゲームです!!

先日JELLYJELLYCAFEでマーダーミステリーのイベントがあったので参加してきました。

そこで遊んだのが『王府百年』というマーダーミステリーゲームだったんですが、

これががめちゃくちゃ面白かったのでマーダーミステリーと王府百年について紹介したいと思います。

みなさんにも是非プレイして欲しいです!!

マーダーミステリーとは

改めてマーダーミステリーとはプレイヤーが物語の登場人物になりきって行動する犯人探しゲームです。

もう少し詳しく言うとシナリオと役職があらかじめ用意されている犯人探しゲームといった感じです。

犯人がいるってことは人狼ゲームみたいな感じ?

犯人探しと聞くと人狼ゲームなど正体隠匿の印象が強いですが、全くの別物です。

人狼の場合は自分が人狼とバレないように村人のふりをしますがマーダーミステリーの場合はその必要はありません。

まずマーダーミステリーはシナリオ上で死体が発見された状態でゲームがスタートし、プレイヤーは自分のキャラクターになりきって行動を開始します。

また人狼では嘘をつけますが、マーダーミステリーでは嘘をつくことができません。

他のプレイヤーから質問されたら、嘘をつくかわりに黙秘をするか台本を元に回答をすることができます。

台本は死体が発見されるまでに自分が演じる人物について『いつ、どこで、誰と、何をしていたか』などが事細かに書いてあり、その内容に沿って質問に答えていきます。

つまり他のプレイヤーに何か質問された場合その台本の内容やプレイヤーの勝利条件やミッション(後で説明します)を踏まえた上でゲームを進めていかなければならないのです。

“”
“”
絶対答えないといけないの?
“”
“”
答えなくてもいいよ!

このように誰が犯人かを推理して追いつめていく、また犯人は正体を見破られないように行動しなおかつ自分のミッションを成功させるのがマーダーミステリーゲームです。

マーダーミステリーの特徴

・犯人を探すゲーム

・物語のシナリオと台本が存在する

・基本的に嘘をつけない

王府百年について

ゲーム名 王府百年
ジャンル マーダーミステリー
プレイ人数 〜9名
費用 2000円〜3000円(1プレイ)
所要時間 2〜3時間
おすすめ度 ★★★★★

現在、日本では販売していません

王府百年ストーリー

奕劻(えききょう)の逝去から100年、奕劻の邸宅であった慶親王府を
観光地として開発することとなる。
プロジェクトの発起人である羅利(らり)は開発資金を調達するため公開入札を実施した。
その後、3人の投資家が共同出資することで決定。
羅利は王府で関係者の決起会である会食を開く。
そして翌朝事件が起こる。
開発スタッフの一人である楊清華(ようせいか)の死体が王府の中庭で発見され、王府は大混乱。。。

“”
“”
つまりどういうこと?
“”
“”
歴史的建造物を観光地にするプロジェクトの共同出資が決まったので、決起会パーティを開いたら、翌朝に死体が発見されたってことだよ

ゲームの進め方

王府百年の流れはこんな感じです。

  • STEP1
    ルール説明
  • STEP2
    キャラクターと台本確認
  • STEP3
    推理パート1
  • STEP4
    推理パート2
  • STEP5
    推理発表と犯人予想
  • STEP6
    犯人発表と得点計算
  • STEP7
    事件の全容

1.ルール説明

簡単なルール説明と、シナリオの導入部ストーリーを聞きます。
正直、頭に入ってきませんが、しっかり聞きましょう。

2.キャラクターと台本確認

各プレイヤーに割り振られた登場人物の背景や事件当日の行動・ミッションについて、自分の台本を確認しましす。

プレイヤーは犯人を捜す(犯人の場合は逃げる)以外にミッションという個別の勝利条件があります。

ネタバレになるのであまり言えませんが、犯人探し+ミッションの成功が満たされて完全勝利となります。

”ミッションの存在”によって推理が撹乱し、王府百年をより面白いものにしています。

3.推理パート①

推理パートでできることは2つ

①他プレイヤーへの質問&密談

②アクションポイントの使用

推理パートでは他のプレイヤーへ質疑応答をすることで犯人やそれにつながる手がかりを探します。

また、2~3人で席を外して”秘密の取引”や”話し合い”も可能です。

さらにアクションポイントを使って、秘密を知りたい登場人物や場所の情報を入手することができます。

推理パートに手番はないため、全てのプレイヤーがリアルタイムで自由に議論やアクションを行います。

アクションポイントの使用で登場人物や犯行現場のヒントを入手

4. 推理パート②

アクションポイントが補充され、再度推理パートを行います。

5.推理発表と予想

最終的に犯人だと思うプレイヤーを紙に書いて投票します。

各々が自分の推理を発表するのでそれを聞いた上で、犯人と思う人物を決めましょう。

6.犯人の発表と得点計算

犯人の発表と各自のミッションの達成状況をGM(ゲームマスター)より発表されます。

7.事件の全容と感想

結局、王府百年の事件はなんだったのか、全容をGMより展開されます。
そしてみんなで感想を言い合ったら終了です。

王府百年の登場人物

登場人物はネタバレになってしまうため、あえて書きません。

ただしどのキャラクターを選んでも楽しめること間違いなしです。

参加される方は自分がなりたいキャラクターになるのがいいと思います。

キャラクターに関してSNSで検索をかけるとネタバレになる可能性があるため注意

 

“”
“”
シロクマ君は誰をやったの?
“”
“”
僕は王小馬っていう被害者の彼氏を演じたよ!

王府百年のポイント

王府百年おすすめポイント

①推理小説の世界に入ったかのような没入感

②全キャラクターで推理が楽しめる

マーダーミステリーはその世界観に自分が入り込めるというのが新しいですね。

某ボードゲームカフェにて『そのプレイ感まるで推理小説を1本読むが如く』と綴っていましたが、全くその通りでした。

あと人狼だと経験者と初心者の力量の差が出てしまいますが、マーダーミステリーは1度遊んだら2度とプレイできないゲームですので、

参加者間で経験値の差があまり出ず全員で推理を楽しめるのも魅力的だなと思いました。

 

ただ犯人は他のキャラクターよりも考えることが多いので注意が必要です。

“”
“”
ゲームマスターに「犯人じゃない役をください」とこっそり行ってみてもいいかもしれません




王府百年どこで遊べるの?

JELLYJELLYCAFE

ディアシュピール

ボードゲームショップ&スペースギルド

上記以外のボードゲームカフェでもマーダーミステリーのイベントが開催されています。

ただマーダーミステリーはぱっと行ってできるゲームではないため、
開催日時をしっかりとチェックしてください!!

twitterの感想

王府百年:商用利用開始

王府百年を店舗で講演したいという事業者の方は

ディアシュピールに問い合わせるといいかもしれません。

Twitter

おわりに

マーダーミステリーをプレイしてこれは流行るなと思いました。

ゲーム終盤には参加者間での協力や裏切りなどの人間模様をみることができ、

本当にドラマや小説の中に入った気分を味わうことができました。

人狼やTRPG、謎解きが大好きな方は絶対ハマりますね

まだまだマーダーミステリーを実施しているプレイスペースは少ないですが

JELLYJELLYCAFEオーナーの白坂さんがマーダーミステリーの専門店を出すと
発表されていたので、今後もっと増えていくと嬉しいです。

マーダーミステリーの”約束の場所へ”もプレイしてきたので興味のある方はこちらからどうぞ




追記:マーダーミステリー専門店&ウェブマガジン登場

JELLYJELLYCAFEオーナーの白坂氏によるマーダーミステリー専門店『ラビットホール』が登場しました。

このブログで紹介した王府百年や約束の場所への他に”双子島神楽歌”というマーダーミステリーもプレイすることができます。

さらにマーダーミステリー専門のウェブマガジン『トリプルエム』も登場しました。

まだ有名になっていないマイナーなマーダーミステリーの情報を仕入れることができます。

いち早くマーダーミステリーの情報が欲しいという方はぜひのぞいてみてください!!

以上、ケイでした。