拡大再生産系

【レビュー】街コロ:初心者におすすめ拡大再生産系の入門ボードゲーム

こんにちは、ケイです。

今日紹介するのは『街コロ』です。

街コロは国産ゲームで初めてドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされたボードゲームです。

ケイ
ケイ
ドイツゲーム大賞にノミネートされる作品は全部面白いです!
ゲーム名 街コロ
ジャンル 拡大再生産、ダイスゲーム
プレイ人数 2〜4人
対象年齢 7歳以上
所要時間 30分
ゲームデザイン 日野 太郎
メーカー グランディング株式会社
おすすめ度 ★★★★

 

『街コロ』ってどんなゲーム?

ライバルよりも先に街を発展させることを目的としたゲームです。

サイコロを振り出た目に応じて街の施設から収入を得られます。

サイコロを転がして、街を作る だから街コロです。

覚えやすいですね

収入→施設購入→収入増→施設購入→収入増→・・・・といった具合に施設を増やしていきます。

施設を建てることによってその施設からも収入が得られる様になってくるので、ターンを追うごとに得られる収入が増えて行きます。

ぞくに言う拡大再生産ゲームというものです。

拡大再生産とは・・・ターンを追うごとにアクションや収入が増えて行くゲームのこと。

ゲーム終了に近づくほどダイナミックな行動ができるのが特徴。

しかし収入を増やすことに気を取られてはゲームに勝てませんよ!

勝利条件

いち早く自分の街にランドマーク施設を4軒建てること

終了条件

いずれかのプレイヤーが勝利条件を達成する

街コロ:内容物

カード  108枚
コイン     60枚
ダイス      2個

街コロ:ゲームの準備

プレイヤーは初期施設である”麦畑”“パン屋”を表向きで自分の前に置きます。

ランドマーク施設4軒を裏向きの状態(工事中の状態)で並べます。

そして銀行から1コインを3枚もらったらゲームの準備完了です。

ゲームの進め方

手番ですること

  1. ダイスを振る
  2. ダイスに対応した収入を得る
  3. 手持ち資金で施設を購入する

手番時、各プレイヤーは2つのサイコロを振り出た目によって収入を得ます。

この時、他のプレイヤーも収入を得ることができます。

ケイ
ケイ
自分の持ち施設のうち、青色の施設に関してはいつでも収入を得ることができるため、注意しましょう。

カードの種類

青:第一次産業

誰のターンでも収入を得ることができます。

カードに記載されている数字が出た時、他のプレイヤーのターンでも収入を得ることができます。

緑:商店・工場

自分のターンの時だけ、収入が得られます。

青色に比べて、収入の機会が少ない分もらえる額は多めです。

赤:飲食店

ダイスを振ったプレイヤーから収入を得られます。

つまり自分以外のターンで、カードに記載されている出目を出したプレイヤーからお金を奪うことができます。

紫:大施設

自分のターンの時に、カードに記載されている出目を出すことで特殊効果を発動することができます。

ケイ
ケイ
ビジネスセンターが最強です。

勝利条件:ランドマーク建設

施設がある程度整ってきたら、勝利条件であるランドマークの建設に移りましょう。

ランドマークは計4施設あります。

ダイスを2個振ることができます。

ショッピングモール

赤と緑で得られるコインが+1されます。

遊園地

ぞろ目を出したら、もう1ターン獲得します。

単純に強いです。

電波塔

毎ターン。1度だけダイスを振りなおせる。

 

どれも強力な効果のものばかりですね。

立てる順番に決まりはないため、自分の好きな順番で立てていきましょう。

ケイ
ケイ
私のおすすめはショッピングモール→駅→遊園地→電波塔の順です。

街コロ:相性のいい組み合わせ

家具工場+鉱山

鉱山を集めることで、他のプレイヤーのターンでも収入を得つつ、

自分のターンに8を出すことで家具工場から莫大な収入を得ることができます。

青果市場+リンゴ園&麦畑

リンゴ園&麦畑で他プレイヤーのターンでも収入を確保しつつ、

11〜12を出すことで青果市場から莫大な収入を得ることができます。

twitterでの感想

『街コロ』感想

街コロは拡大再生産の初心者入門にもってこいのボードゲームです。

最初は何もできないのに、後半になるにつれて収入も増えダイナミックなアクションがとれるという拡大再生産の醍醐味を味わうことができます。

そして自分のターン以外にも収入が得れるというシステムは中々ないので新鮮でした。

もっと拡大再生産ゲームがしたいという方は、

中量級なら宝石のきらめき、重いゲームならプエルトリコなどをされてみてはいかがでしょうか。

以上、ケイでした。