戦略系

【レビュー】ガンツ・シェーン・クレバー:初めての紙ペンゲームはコレ!

こんにちは、ケイです。

みなさん紙ペンゲームってしたことありますか?

ペンギン
ペンギン
紙ペンゲームってなんぞ?
シロクマ
シロクマ
紙とペン&ダイスを使うゲームのことだよ。

 

紙ペンゲームは最近のトレンドでもあり、一気に数を増やしていますね。

今日紹介する『ガンツ・シェーン・クレバー』も紙ペンゲームの一種です。

なんとこの『ガンツ・シェーン・クレバー』ですが2018年ドイツ年間ゲーム大賞エキスパート部門にノミネートされています!!

ノミネートされるだあってよくできたゲームで、夜な夜な1人モードで楽しんでしまうくらいハマっています。笑

ブラウザでできる1人用モードはこちら
ゲーム名 ガンツ・シェーン・クレバー
ジャンル 紙ペンゲーム
プレイ人数 1〜4人
対象年齢 8歳以上
所要時間 30分
ゲームデザイン ウォルフガング・ウォルーシュ(Wolfgang Warsch)
メーカー Schmidt Spiele
おすすめ度 ★★★★☆
ガンツ・シェーン・クレバー 完全日本語版

『ガンツ・シェーン・クレバー』ってどんなゲーム?

6色のダイスを使ってマスを埋めていく紙ペンゲーム

埋めるマスはサイコロの色で分かれており、得点計算も色によって様々です。

マスを埋めていくと、追加で違う色のマスを埋めれる”連鎖”が発生します。

数字が連鎖する爽快感が癖になるゲームです。

勝利条件

すべてのプレイヤーの中で1番高得点を取る

終了条件

全ラウンドが終了する。

内容物

さいころ   6個
ペン   4本
得点用紙 1束

ゲームの準備(4人の場合)

1人に1つずつ、紙とペンを配ります。

銀の皿が描かれた箱とサイコロを全プレイヤーの真ん中に置きます。

ゲームの進め方

まず手番プレイヤーを決めます。

手番プレイヤーから時計回りに手番を行い、1周したら1ラウンド終了です。

4人の場合は4ラウンドでゲーム終了になります。

手番ですること

手番ですることはサイコロを振る&サイコロを選ぶ、これだけです。

しかし自分の手番以外でもやることがあるため注意してください!

手番プレイヤーがすること

①全てのサイコロを振る

②好きなサイコロを一つ選び、自分の紙の上に乗せる

取ったサイコロより小さい出目のサイコロを他プレヤー選択エリアへ移動する。

④  ①〜③を3回繰り返す。

他のプレイヤーがすること

手番プレイヤーが紙の上に乗せなかった残りのダイスから一つを選び、自分のシートに記入する。

“ペンギン”
“ペンギン”
他のプレイヤーが振ったダイスも記入できるってこと?
“シロクマ”
“シロクマ”
手番の時は最大3つ、非手番の時は1つ記入できるってことだよ

 

選んだダイスよりも数字が小さいダイスは除外されるため、大きい数字が取りにくくなっているのがこのゲームのポイントです。

例えば6のダイスが欲しかった場合、1回目で6をとってしまうと残りのダイス全てが他プレイヤー選択エリアへ移動してしまいます。

大きな数字ばっかりとっていると自分の選択肢をなくし、相手の選択肢を増やしてしまうため得策ではないです。

“シロクマ”
“シロクマ”
より“クレバー”な選択を心がけましょう!

 

ガンツ・シェーン・クレバー:記入エリアの説明

ここからはダイス記入エリアについて説明していきます。

色ごとに異なる得点計算なので考えてダイスを選択しましょう!

青色エリア

青色は縦か横が揃うとボーナスがもらえるマスです。

埋めたマスに応じて点数が入ります。

青色エリアは青ダイスと白ダイスの合計値を記入するため”2”〜”12”までのマスが存在します。

黄色エリア

黄色エリアはビンゴエリアです。

縦は得点、横はアクション、斜めは+1ボーナスが用意されています。

青色エリアとは違い、いくら埋めても縦が揃わないと0点なので注意しましょう。

緑色エリア

緑色は記入する毎に条件が厳しくなってくるエリアです。

最高で6以上のダイスでしか埋めれなくなります。

オレンジ色エリア

オレンジ色エリアは非常にシンプル、マスに記入された数字の合計が得点になります。

途中の×2や×3マスをうまく使い高得点を狙いましょう

紫色エリア

紫色エリアはオレンジ色と得点計算は変わりませんが、

前のダイスよりも大きい数を出さなければいけません。

1、2、3、4、5と刻んで埋めてくと埋めやすいですね。

6のダイスを記入するとリセットされどの数字でも書けるようになります。

見て分かる通りアクションボーナスが一番多いので、うまく使って連鎖を引き起こしましょう!

アイコン説明

ガンツ・シェーン・クレバーに欠かせないアクションボーナスの説明をしたいと思います。

振り直しアクション

矢印がサークルのようになっているアイコンです。サイコロを振った後振り直すことができます。

+1アクション

全てのサイコロを振り終わり、紙に記入した後に使うことができます。

任意のサイコロを指定し、紙に記入することができます。

“シロクマ”
“シロクマ”
他プレイヤーの手番でも使うことができるため、使い所が重要です

Xアクション

Xアクションのアイコンには色が描かれています。

指定された色のエリアで1つのマスをチェックすることができます。

6アクション

Xアクションの数字バージョンです。

指定された色のエリアに”6”を記入することができます。

キツネボーナスアイコン

赤色のキツネマークは得点計算の時にかかわってくるアイコンです。

全ラウンド終了時に各エリアの合計点数が得点になりますが、

キツネアイコンは全エリアの中で1番点数が低いエリアと同じ点数として扱うことができます。

“シロクマ”
“シロクマ”
キツネアイコン=最も点数が低いエリアの点数ということです。

ガンツ・シェーン・クレバーを攻略するためには”キツネアイコン”の存在が欠かせないので、積極的にチェックしていきましょう!

twitterでの感想

『ガンツ・シェーン・クレバー』感想

ガンツ・シェーン・クレバーのおすすめポイントをまとめると3つです。

①初心者でもわかりやすいルール
②数字が連鎖する爽快感
③やり込み要素による中毒性

以前、紙ペンゲームの”Fleet”という魚やカキなどを釣ったり養殖したりして得点を稼ぐゲームをやったことがあるんですが、

小さい用紙の割にチェックできるマスが多く、何をどうすればいいのかわからなかったという苦い経験があります。

その経験から紙ペンゲームは敬遠していたのですが、この『ガンツ・シェーン・クレバー』は振ったダイスの目を選らんで記入するだけという簡単さに惹かれ購入してみました。

やはり振って選ぶだけという簡単なルールはやりやすいですし、数字を記入することで起きる連鎖は”ぷよぷよ”を彷彿とさせる爽快感があり病みつきになりました!!

“”
“”
夜な夜な1人でやってるもんな
“シロクマ”
“シロクマ”
と、友達いないんで・・・

ちなみに『ガンツ・シェーン・クレバー』ですがアプリもあるので、1人プレイで腕を磨きたいという方はどうぞ!!

以上、ケイでした。

ガンツ・シェーン・クレバー 完全日本語版