RPG

タイムストーリーズ拡張第2弾:龍の預言【レビュー】

こんにちは、ケイです。

今回紹介するのはタイムストーリーズ:龍の預言です。

今作の龍の預言は”療養所にて”と”マーシー事件”に続く3作目になります。

”療養所にて”では1920年のフランスにある精神病棟へ

”マーシー事件”では1990年のアメリカ地方都市へ

なんと”龍の預言”では異歴7553年の異世界へ向かいます。

見て分かる通り、龍の預言は他拡張と比べて圧倒的にRPG要素が強くなっています。ゲーム自体もRPG寄りに作られていて薬を買ったり武器や防具を整えたりしてパーティを強化します。
ゲーム名 龍の預言(T.I.M.Eストーリーズ拡張)
ジャンル 謎解き系ゲーム
プレイ人数 2〜4人
対象年齢 12歳以上
所要時間 90分

タイムストーリーズの記事はこちら

タイムストーリーズ:リアル脱出ゲーム好きは絶対ハマる!!謎解きボードゲームこんにちは、ケイです。 今回紹介するのはタイムストーリーズです。 どうしてもやりたいと常々思っていましたが、周りとの都合が合...
タイムストーリーズ拡張第1弾:マーシー事件【レビュー】こんにちは、ケイです。 今回紹介するのはタイムストーリーズ第1拡張マーシー事件です。 今作のマーシー事件は前作と同じく場所を...

そもそも『タイムストーリーズ』ってどんなゲーム?

ようこそ、エージェント諸君!
T.I.M.E機関には君の力が必要だ。

我々の宇宙とその平行世界に、危機が迫っている。T.I.M.E(大規模事象タキオン介入)機関はエージェントを送り、この危険を排除するのを目的としている。ミッションの前に、時間の流れに傷をつけないよう、君は工作先での仮の姿を選ぶことになる。ミッションは可能な限り素早く終えよ。ただし、必要に応じて何回でも出動は可能だ。行動を決めるために、あらゆる現場に注意を払え。

引用:ホビージャパン

タイムストーリーズは2〜4人でできる協力ゲームです。

プレイヤーはT.I.M.E機関のエージェントとなり”時間のほころび”を修復するミッションが課されます。

ミッションを遂行するため、ほころびが生まれる時代の人物に入り込んで謎を解いていきます。

最初はなぜその時代に行くのかという理由すら明かされないまま飛ばされますが、

ゲームを進めるごとにほころびの全容が明らかになってくるため推理小説の登場人物のような体験ができる、そんなボードゲームです。

ストーリーの謎を解いていくゲームなので、プレイ感はリアル脱出ゲームと似ています。脱出ゲームと同じく1度体験したら2度はできません
こんな人におすすめ

脱出ゲームが好き

謎解きゲームが好き

協力ゲームが好き

勝利条件

時間ポイントが尽きるまでに謎を解き明かす。

終了条件

時間を使い切る(やり直し)

謎を解き明かす

タイムストーリーズ『龍の預言』とは?

異歴7553年:君が知る中世はここにはない。
魔法がすべてを変えてしまった平行世界を探索せよ。

転送準備完了。今回の君たちのミッションは、我々の歴史とはつながらない“もう一つの時間線”の時空断層をふさぎ、時空構造体の崩壊を防ぐことだ。転送先はライバン004星系、惑星リナイス。現地のテックレベルは2、地球の中世程度の都市だ。しかし、我々の世界とは異なり、魔法が存在し、住人も人間だけではない。そこで……シーアンズ……妨害……

ホビージャパン公式

冒頭でも触れたように3作目の龍の預言は異世界RPGです。

プレイヤー達は異世界の住人を器として冒険を進めます。冒険者が入ることのできる器はエルフやドワーフ・魔法使い・シーフなどが存在します。

龍の預言は選んだカードをよく見ると思わぬ発見が…

勝利条件

時間ポイントが尽きるまでに謎を解き明かす。

終了条件

時間を使い切る(やり直し)

謎を解き明かす

内容物

シナリオ:「龍の預言」カード束×3

ゲームの進め方

ゲームの流れですが、基本セットのタイムストーリーズ『療養所にて』と同じなのでここでは割愛します。

気になる方はこちらの記事をどうぞ

タイムストーリーズ:リアル脱出ゲーム好きは絶対ハマる!!謎解きボードゲームこんにちは、ケイです。 今回紹介するのはタイムストーリーズです。 どうしてもやりたいと常々思っていましたが、周りとの都合が合...

ただ”龍の預言”はRPG寄りのため、戦闘時のアクションが少し変わっているので注意してください。

タイムストーリーズ『龍の預言』感想

ストーリーに関わるネタバレは含んでいませんが、見たくない人は見ないほうがいいです。

タイムストーリーズ”龍の預言”をプレイしました。

前回にはなかった巻物や薬草、武器、防具といった要素が加わっており、今作はゴリゴリのRPGものに仕上がっています。

また選べるキャラクターの職業も魔導師、エルフ、ドワーフといったファンタジー要素満点です。

冒険の途中では特定のキャラクターでしか行けない場所なども出てくるため、1回クリアしてもまた違うキャラクターでやりたくなるリプレイ性が高いのも魅力ですね。

僕がプレイした時はクリアする前に全キャラ試しちゃいましたけどね

個人的には”マーシー事件”と同じく”龍の預言”でもタイムストーリーズ全体の謎が少しずつ露わになってきているのがわかりすごく面白かったです。

最後に、龍の預言をまとめるとこんな感じです。

龍の預言:他拡張と比べて

・リプレイ性高め

・難易度やさしめ

・RPG寄り

ツイッターの感想

Twitter

 

Twitter

こんなに出てるの?タイムストーリーズ拡張

タイムストーリーズ拡張めちゃくちゃ出てます。

おわりに

タイムストーリーズの拡張第2弾の”龍の預言”について紹介しました。

次回作の”仮面の下”も近いうちにやれたらいいなぁと思います。

以上、ケイでした

ゲーム紹介一覧へ