戦略系

フィラデルフィア:ゲームマーケット2019秋の新作ボードゲーム

こんにちは、ケイです。

今回取り上げるのはフィラデルフィア

フィラデルフィアは2019ゲームマーケット秋にモグモグプロジェクトさんから発売されるカードゲームです。

ちなみにこのフィラデルフィアですがクラウドファンディングにて目標金額を達成した実績のあるボードゲームです。

僕もプレイする機会があったんですが、納得の面白さでした。

ゲーム名 フィラデルフィア
ジャンル 広告掲載コンボ型カードゲーム
プレイ人数 1〜4人
所要時間 30分〜60分

モグモグプロジェクトさんの方で超わかりやすいゲーム紹介ページを作成しています

気になる方はこちらからどうぞ

ぶっちゃけこの記事を見る必要がないくらいわかりやすいぞ

『フィラデルフィア』ってどんなゲーム?

フィラデルフィアは、様々な効果の広告カードを利用したコンボでお金を稼ぎつつ、魅力的な広告のセットを役として提出し、得点を稼ぐゲームです。

勝利条件は、より早く得点を10点稼ぐことで、プレイヤーはお金を稼ぐプレイと役を提出するプレイを切り替えるタイミングの見極めと、より効率的なコンボを決める発想の柔軟さが試されます。

ゲームのルールは分かりやすくもプレイングには深みがあり、子供から大人まで楽しめるゲーム内容となっています。

フィラデルフィアは”広告掲載コンボ型カードゲーム”という新しいジャンルのボードゲームです。

手札の広告カードの組み合わせによってコンボを完成させお金を稼ぎつつ、得たお金で広告カードを購入し手札の中で役を作っていきます。

既存のゲームで表現するとしたら街コロ+ドミニオン+ポーカーを混ぜ合わせたようなボードゲームですね

フィラデルフィアってこんなゲーム

サイコロを振り収入を得る(街コロ)

カードの効果が連鎖する(ドミニオン)

手札で役を揃えてプレイする(ポーカー)

勝利条件

勝利点を最も多く持つプレイヤー

終了条件

いずれかのプレイヤーが勝利点10点以上を達成させたラウンド

内容物

広告カード:85枚

アイテムカード:14枚

フィールドカード:1枚

スタートプレイヤーカード:1枚

お金マーカー1金:30個

お金マーカー5金:16個

勝利点マーカー:4個

月マーカー1月:16個

月マーカー3月:8個

サイコロ:1個

ゲームの準備

青色の広告山札と赤色のアイテム&フィールド山札をよくシャッフルし中央に置きます。

赤色の山札から3枚を表にし並べ、以下のものを配ったらゲームスタートです。

各プレイヤーに配るもの

広告カード(青色のカード)4枚

所持金:7金

ゲームの進め方

フィラデルフィアはアクションフェイズと採用フェイズ、更新フェイズから構成されています。

  • STEP1
    アクションフェイズ

    アクションフェイズでは以下のことを2つまで実行することができます。

     

    アクションフェイズでできること

    探査:山札の上から4枚を見て1枚を獲得

    獲得:山札から1枚につき1金払いカードを引く

    役提出:手札から役を提出する

    掲載:コストを払い広告カードを掲載する

    購入:アイテムカードを購入する

    パス:1金をもらいパスする

    簡単に言えば、『手札を増やす』か『手札を場に出す』か『手札を勝利点に変える』ことができます。

    手札のカードを掲載することで後の採用フェイズ等で収入を得ることができます。

    しかしいくら広告を掲載しても勝利点を稼ぐことができません

    あくまで手札の広告カードを役として提出しなければ勝利点を稼ぐことができません。

    広告の掲載≠勝利点の獲得
  • STEP2
    採用フェイズ

    スタートプレイヤーはサイコロを振り、出た目にそって全プレイヤーは収入を得ます。

    収入は掲載した広告のみに適用され、広告カードの右下に書かれているサイコロの目が出た時のみ収入を得ることができます。

  • STEP3
    更新フェイズ

    1ラウンドに1枚ずつ月マーカーを広告カードの上に置いていきます。

    右上に書かれている数の月マーカーが溜まったら”違約”となり広告カードは捨て札に送られます。

この3フェイズを繰り返していき、いずれかのプレイヤーが10勝利点達成したらゲーム終了です。

コンボ

衛兵&自動車工場コンボ

衛兵:他の広告の効果によりお金を「失う」時、それを無効化して5金を得る

自動車工場:掲載時、自分が他に広告を掲載してないなら2金得る。1枚以上あるなら1金失う。

衛兵を先に掲載しておけば自動車工場で失う1金を無効化して5金を得ることができます。

さらに掲載した広告カードを手札に戻すというカードもあり、全て揃ったら非常に強力なコンボが完成します。

フィラデルフィアはこのようなコンボが無数に存在します。

コンボを決めた時の爽快感と色んなコンボを探すワクワク感がたまりません。

カードデザイン

カードデザインへのこだわりも強く、同人ゲームとは思えないほどのクオリティでした。

カードデザイン

モグモグプロジェクトさんについて

ゲームサークル:モグモグプロジェクトさんですが、なんと大学生5人で構成されているようです!!

学生のうちからボードゲームを作っちゃうなんてすごい!!

モグモグプロジェクトさんのメンバー紹介はこちら

ゲムマ2019秋のおすすめ新作ボードゲーム

宿命の旅団

『宿命の旅団』:ゲームマーケット2019秋のWYゲームズさん最新作こんにちは、ケイです。 今回紹介するのは『宿命の旅団』 ゲームマーケット2019秋にWYゲームズさんから発売されるカードバト...

ファフニル

ファフニル:宝石を握りこめ!!オインクゲームズの最新ボードゲームこんにちは、ケイです。 ゲームマーケット2019秋にてオインクゲームズ最新作”ファフニル”が先行発売されました! フ...

まじかるベーカリー

まじかるベーカリー最新作:叛逆の魔法少女をプレイしました【レビュー】こんにちは、ケイ(@oreno-turn)です。 今回紹介するのは”まじかるベーカリー叛逆の魔法少女”です。 今作で...

『フィラデルフィア』感想

今回はゲームマーケット2019秋に発売されるフィラデルフィアを紹介しました。

フィラデルフィアは何と言っても”コンボが決まった時の爽快感”が病みつきになるゲームなので、ゲムマ当日はぜひ試遊してみてください。

気づいたら購入していること間違いなしです!

ゲーム紹介一覧へ