オークション系

ファフニル:宝石を握りこめ!!オインクゲームズの最新ボードゲーム

こんにちは、ケイです。

ゲームマーケット2019秋にてオインクゲームズ最新作”ファフニル”が先行発売されました!

オインクゲームズのボードゲームが好きなので速攻買ってきました

ファフニルは手軽に出来るオークションゲームです。

各プレイヤーは6色ある宝石を競り落としていくんですが、宝石を手に入れることができるプレイヤーは宝石を一番多く捨てたプレイヤーのみというジレンマたっぷりのルールがあり

最終的に全プレイヤーの持っている宝石の中で数が多いものが勝利点になるため賢く宝石を捨てなければいけません。

いかにいらない宝石を処理し、高い宝石を獲得するかが鍵になります。

こんな人にオススメ

・競りゲームが好きな人

・駆け引きが好きな人

・オインクゲームズが好きな人

ゲーム名 ファフニル(fafnir)
ジャンル 駆け引き、心理戦
プレイ人数 2〜4人
対象年齢 9歳以上
所要時間 20分
オインクゲームズ:おすすめボードゲーム紹介こんにちは、ケイです。 今回はオインクゲームズのおすすめボードゲームについて紹介します。 オインクゲームとは ...

『ファフニル』ってどんなゲーム?

ファフニルと名付けられたそのニワトリは、1日に2個ずつ宝石を産む。もっとたくさん産むこともある。

ファフニルを受け継いだ兄弟たちは「よりたくさん手持ちの宝石を捨てた者」がその日、産みたての宝石を手にすることにした。

宝石の価値は皆が持っている数で変動する。あえて捨てることで場の雰囲気を操作し、最後に価値ある宝石をたくさん持っていることをめざす、ちょっと頭をつかう手軽な駆け引きゲーム。

オインクゲームズ:ファフニル

ファフニルは手持ちの宝石コマを捨てたり、新たに獲得したりすることで手持ちの宝石コマを操作していくゲームです。

ラウンド終了時に全プレイヤーが持っている宝石コマの中で1番&2番目に多い色の宝石コマが得点となり、残りはマイナス点となります。

相手の宝石コマを予想して、勝利点となる宝石コマをかき集めましょう!!

勝利条件

最も多くの勝利点を稼ぐ

終了条件

いずれかのプレイヤーが40点を獲得したラウンド

内容物

宝石コマ 80個

布袋 1枚

ついたて 4枚

ファフニルボード 1枚

金チップ 45枚

捨て場ボード 1枚

説明書1枚

ファフニルは宝石コマが80個もあるので盤面が超カラフル!!

宝石コマ

 

ちなみに各プレイヤーの宝石を隠すための”ついたて”も超カラフルでSNS映え間違いなしです。

ついたて

ゲームの準備

ゲームの準備を簡単に紹介します。

各プレイヤーに配るもの

・ついたて

・宝石コマ10個(スタートプレイヤーは11個)

各プレイヤーに配るものを配ったら、中央に捨て場ボードとファフニルボードを用意し上に宝石コマと勝利点チップを置きます。

その後、布袋から宝石コマを3つ取り出し、捨て場ボードに置きます。

これで準備完了です!

ゲームの進め方

 

宝石コマの獲得&処理

  • STEP1
    宝石コマの補充
    ファフニルの上に宝石コマを2つ置きます。

  • STEP2
    宝石コマを握りこむ
    自分の宝石コマのうち捨てたいと思うコマを握りこみます。
  • STEP3
    宝石コマの獲得&処理

    一番多くの宝石コマを握りこんでいたプレイヤーはファフニル上の宝石コマを獲得&握りこんだ宝石コマを捨てます。

    ファフニルに乗っている宝石コマと同じ種類のコマを握りこむことはできません
  • STEP4
    STEP1へ

    STEP1〜3を繰り返し、捨て場にある1色の宝石コマが8個以上集まったらラウンド終了です。

    黄色が8個たまったのでゲーム終了

    ラウンドが終了したら宝石コマの相場を確定させます。

宝石コマの相場

宝石の価値は全員が持っている数によって決まります。

全員が持っている中で3位以下の宝石コマはマイナス点になってしまうというところがいいですね

ただ宝石コマをいっぱい持っていればいいってわけじゃないんです

宝石コマを色んな種類残していてもマイナス点になってしまうので、否が応でも手持ちのコマを捨てなければいけません。

このルールによって相手が持っている宝石コマを推理する必要性が高くなるため、より駆け引き要素が強くなっています。

点数が40点になったプレイヤーが出たラウンドで終了となります

オインクゲームズtwitter

Twitter

おわりに

今回はオインクゲームズのファフニルについて紹介しました。

ファフニルはオークションゲームの名作『モダンアート』の面白さをより手軽に楽しめるボードゲームだなと思いました。

モダンアートでは絵画(ファフニルで言う宝石コマ)が公開情報になっていたので、どの種類が人気なのかを把握することができましたが、

ファフニルでは宝石コマを非公開のまま進めていくため、より一層相手の手を推理していく必要があります。

手軽になってはいますが駆け引き要素はむしろ強くなってると感じました。

ぜひファフニルをプレイして濃厚な駆け引きを楽しんでみてください!

以上、ケイでした。

オインクゲームズおすすめボードゲーム

トリックと怪人

『レビュー』トリックと怪人:犯人を当てろ!スタイリッシュ推理ゲーム【オインクゲームズ】こんにちは、ケイです。 今日ご紹介するのは、「トリックと怪人」です。 「トリックと怪人」はプレイヤーが捜査官となり犯人を当て...

インサイダーゲーム

【レビュー】インサイダーゲーム:パーティーで盛り上がること間違いなしのボードゲームこんにちは、ケイです。 "あなたもしかしたら操られていますよ?" 今回はオインクゲームズのインサイダーゲームを紹介します。 ...

ダンジョンオブマンダムエイト

【レビュー】ダンジョンオブマンダムエイト:オインクゲームズの傑作ボードゲームこんにちは、ケイ(@oreno-turn)です。 今回紹介するのはダンジョンオブマンダムエイトです。 ダンジョンオブマンダム...

ゲーム紹介一覧へ