マーダーミステリー

何度だって青い月に火を灯した:グループSNE制作のマーダーミステリー(ネタバレなし)

こんにちは、ケイ(@twitter)です。

今回紹介するのは”何度だって青い月に火を灯した”です。

”何度だって青い月に火を灯した”はグループSNEがパッケージ品のマーダーミステリーとして初めて制作したもので”九頭竜館の殺人”と同時に販売されました。

GM不要で6〜7人でプレイできるため、友達を集めてプレイしやすいマーダーミステリーに仕上がっています。

控えめに言っておもしろかったです!!
ゲーム名 何度だって青い月に火を灯した
ジャンル マーダーミステリー
プレイ人数 6〜7人
対象年齢 15歳以上
所要時間 150分以上
九頭竜館の殺人:グループSNE初のマーダーミステリー作品(ネタバレなし)こんにちは、ケイ(@twitter)です。 今回紹介するのは”九頭竜館の殺人”です。 ”九頭竜館の殺人”はグループSNEがパ...

購入される方へのアドバイス

この記事を読んでる方は”何度だって青い月に火を灯した”の購入を検討されてる方が多いと思います。

そこで自分がプレイした経験をもとにもっとこうしておいた方がより楽しめたなという内容を書いておきます。

あくまで個人の感想なので見たくない人は飛ばしてね

①初期カードは他プレイヤーに見せない

各キャラクターには初期カードが配られていますが、そのカードは誰にも見せない方がいいです。

初期カードと言われると、マーダーミステリー経験者なら「自分の調査カードに何が入っているのかがわかるのかな?」と思うかもしれませんが、違います。

もし他のプレイヤーへ渡す必要があるもの(道具等)であった場合は見せても構いません。

②アクションフェイズの処理

あらかじめアクションフェイズの処理を伝えておくべきです。

ゲームが進行していくとアクションフェイズで使用するアイテムが手にはいる場合があります。

アクションフェイズの行動によってゲームの結末も変わってくるため以下のことはあらかじめ伝えておくべきです。

カードに書かれた数字の小さいプレイヤーから順に行動していくこと

逮捕・拘束・死亡といった状態にあるプレイヤーは行動できないこと

この2点に関してしっかりと把握してもらった方がより面白くなると感じました!

『何度だった青い月に火を灯した』ってどんなゲーム?

1960年代、イタリア。跡目争いの火種がくすぶるマフィア・ファミリーの屋敷でボスが殺された。そしてボスの死体の隣には、ロープで椅子に縛られた男が残されていた。ボスの弟や妻、構成員に加え、ファミリーお抱えの占い師や娼婦の行動が複雑に交錯し、事態は混迷を深めていく。

引用:グループSNE

”何度だって火を灯した”はマフィアのボスを殺した犯人を探し出すマーダーミステリーです。

マフィアを舞台にしたマーダーミステリーは日本では初なのでプレイするのが楽しみです

勝利条件(犯人)

自分が犯人であることを隠し通す。

+サブミッションの達成

勝利条件(犯人以外)

事件の真相にたどり着き、誰が犯人なのかを当てる。

+サブミッションの達成

内容物

ルールブック1冊

設定書×7冊

調査トークン×35個+予備

キャラクターごとの初期カード×7枚

調査カード×72枚

施錠カード×1枚

エンディングブック1冊

それぞれのエピローグ×8部

ゲームの準備

 

準備すること

①封を切りカードを所定の位置に並べる

②エンディングブックとそれぞれのエピローグを箱にしまう

③メモと筆記用具の整理

パッケージに入っているカード類の封を切る時、誤ってカードの内容を見てしまうかも・・・

と思われるかもしれませんが、ちゃんとネタバレ防止対策をされていました

アイテムカード裏

アイテムカード表(内容が書かれている方)

さすがです!

次にエンディングブックとエピローグを箱にしまいます。

エンディングブックとそれぞれに用意されたエピローグは絶対に見ないようにしましょう

エンディングブック

各キャラクターのエピローグ

おそらくですが、それぞれのエピローグには犯人を当てれた場合当てれなかった場合のパターンが用意されていると思います。

なのでエピローグの封は最後まで切らないことをオススメします。

僕は写真を撮るために封を切りました笑

登場人物

ここからは登場人物の公開情報+全員が共有する情報について書いていきます。

個人のサブミッションや秘匿情報といったネタバレ要素は含んでいません

ブラザー

ミセス

カポ

オラクル

レディ

ロープマン

ジュニア

7人でプレイする場合はジュニアを入れることができます。

ジュニアは犯人ではないことが確定しているキャラクターなので、どうしても犯人をやりたくないという人にはオススメです。

いわゆる探偵ポジションです。

ゲームの進め方

ゲームの進め方をざっくり説明します。

  • STEP1
    ルール説明&ストーリー確認
    ”何度だって青い月に火を灯した”についてのストーリーを代表者1名が読み上げた後、

    カードの使用や嘘を言えるのかどうかといったルール説明を行います。

  • STEP2
    設定書の読み込み
    自分が担当するキャラクターの初期設定の読み込みとメインミッション+サブミッションを確認します。
  • STEP3
    第1調査フェイズ

    調査トークンを使って調査を行います。現場を調べたり、他の人の所持品等を調べることもできます。

    調査トークン

  • STEP4
    共有フェイズ
    1人3分の時間が与えられ、自分の推理を発表することができます。
  • STEP5
    第2調査フェイズ
    共有フェイズで得た情報をもとにまた調査を開始します。
  • STEP6
    推理フェイズ
    全員がテーブルにつき話し合いをします。(つまり密談することができません)

    その後ひとりにつき1分ほど推理を発表する時間が与えられます。

  • STEP7
    投票フェイズ

    犯人だと思うプレイヤーをせーので指差します。

  • STEP8
    アクションフェイズ
    アクションを発動できるカードを持っているプレイヤーはアクションを起こすことができます。
  • STEP9
    エンディングフェイズ
    この物語の結末を読み、みんなで感想を言い合ったら終了です。
他のマーダーミステリーにはない”アクションフェイズ”が気になりますね

『何度も青い月に火を灯した』がプレイできる場所は?

買わないけどやてみたい場合はどうするのさ
twitterを使って探すしかないね

”何度も青い月に火を灯した”を購入まではいかないけど、プレイはしたいという方はtwitterで検索をかけてみてください。

「何度も青い月に火を灯した 募集 (自分が住んでいる地名)」という風に検索をかけると自分の近所で開催予定のマーダーミステリーオープン会がヒットするハズです。

または近くにボードゲームカフェや人狼ハウスがある場合は公式twitterを見てみてください。

もしかしたら何度も青い月に火を灯したの体験会を開いているかもしれません。

イベント開催時のルール(店舗&イベンタ−の方)

”何度も青い月に火を灯した”および”九頭竜館の殺人”は個人で遊ぶことを前提に作られています。

参加者の方々からお金をもらってイベントを開催しようと思っている店舗やイベンターの方々は

1プレイごとに1パッケージの購入を心がけてください!!

Twitter

しっかりルールを守ってマーダーミステリーを楽しみましょう!!

エラッタがあります

”何度だって青い月に火を灯した”はエラッタが2箇所存在します。

エラッタ①

15歳以上/7〜9人(10人以上可)/120分

”何度だって青い月に火を灯した”の説明書のプレイ人数が間違っていました。本来は6〜7人用のマーダーミステリーです。

おそらく”九頭竜館の殺人”のプレイ人数が記載されていると思われます。
Twitter

ゲーム進行に関わるものではないため、プレイに問題はありません。

エラッタ②

なんとロープマンの設定書&ブラザーのエンディングブックにエラッタがあります。

これはネタバレになるエラッタだ!!

ゲームを始める前&エンディング時にこちらから公式サイトへ飛んで一番下にスクロールしてください。

↓のようなエラッタ詳細画面にたどり着いたら、指示に従って中身を確認ください。

該当プレイヤー以外は中身を見ないでください

 

Twitter

『何度だって青い月に火を灯した』感想

今回は”何度だって青い月に火を灯した”を紹介しました!!

”何度だって青い月に火を灯した”はマーダーミステリー初心者でも楽しめる内容でした。

難易度は比較的簡単なので犯人の人はヒヤッとする場面があるかもしれません。しかしその焦りも含めてマーダーミステリーを楽しんでみてください。

また6〜7人用ということでマーダーミステリーの中では比較的少人数でプレイできる点3000円代と手に入りやすい価格になっているのも魅力的です。

また”何度も青い月に火を灯した”はGM不要のマーダーミステリーになっているので、より簡単に人数を集めれるんじゃないかなと思っています!

でも1度しか遊べないのに高くないか
7人で割ったら1人500円で遊べるって考えたら安いと思うよ。

以上、ケイでした!!

新作マーダーミステリーをチェック

 

【まとめ】マーダーミステリーのルール&シナリオ紹介こんにちは、ケイ(@oreno-turn)です。 今、マーダーミステリーが熱い!! ここ数年を振り返ってみる...
九頭竜館の殺人:グループSNE初のマーダーミステリー作品(ネタバレなし)こんにちは、ケイ(@twitter)です。 今回紹介するのは”九頭竜館の殺人”です。 ”九頭竜館の殺人”はグループSNEがパ...

ゲーム紹介一覧へ


こちらの記事もおすすめ