オンライン

This is not マーダーミステリー『闘牌のマリス』

大阪のマーダーミステリー専門店NAGAKUTSU様主催のイベント『マダマーケット』にて『闘牌のマリス』の販売をいたします。

マリスシリーズと世界観を共有したとても香ばしいクソシナリオに仕上がっておりますので、物好きな方はお買い上げください。

booth販売サイトはこちら

※なお購入後の返品やクレームは一切受け付けません。ご容赦ください。

シナリオ名:闘牌のマリス

ストーリー

 

「麻雀は罪だ」

 

人類が長い時間をかけ辿り着いた、たったひとつの真実。

人はツモる事で憎み、ツモる事で争い、ツモる事で殺し、ツモる事で滅んだ。

地下に逃げた雀士は、その学びを決して忘れる事なく、否、決して思い出す事なく生きていこう。

ツモが来ると手が進み、やがて手牌が赤色に染まり、そしてリーチが訪れる。

このシステムを思いつき開発した人は、きっと中国人だろう。

だって、リーチをかけると、今日も頑張ろうって思えるから。

だって、ドラを見ていると、嬉しい気持ちになれるから。

だって、役満を見ていると、上がれる日を待ち望んで眠れるから。

そんな場末の雀荘で。

あなたたちのお話が始まります。

すべての雀士に送るThis is not マーダーミステリー

―――闘牌のマリスーーー

100年前、人類は麻雀のし過ぎで滅びた。仕事も手につかなくなり、家族をも犠牲にして麻雀を打つようになった。

そして世界は荒廃した。

そこで日本政府は1つの決断を下す。

『雀士補完計画』

政府は雀士専用の超巨大地下施設『マリス』を作り、地上にいる雀士を全て『マリス』に収容したのだ。そして50年の月日が経った。

今日は年に1回の『全日本マリス麻雀大会』の日だ。優勝者には『マリス最強雀士』としての名誉と100億ペリカの賞金が与えられる。

面子は以下の4人

・不利テンヤ

・単騎マチ

・国士ムソウ

・赤木ユーギ

マリスでも一目置かれている雀士達だ。

そして迎えた東一局15巡目、赤木が「ツモ」と言った瞬間苦しみ出し死亡した。

プレイ人数

3名(GMレス)

プレイ時間

1時間(感想戦込み)

注意事項

・飲酒、煽り推奨

・全員、身内推奨

・麻雀の知識がないと楽しめない可能性あり

制作チーム

キャラクターデザイン:ケイ

捨て牌監修:鬼、中身

撮影提供:なぞねこ

テストプレイ:まーくん、あんちょび、屋上

圧倒的感謝:しもさん

こちらの記事もおすすめ