その他

【プレイレビュー】そういうお前はどうなんだ?、マダミス好きは絶対ハマるパーティゲーム

こんにちは、ケイです。

今回紹介するのは【そういうお前はどうなんだ?】というボードゲームです。簡単に言うと推理系パーティゲームです。

マーダーミステリーが好き、即興アドリブ系パーティゲームが好きな人は絶対にハマります。
僕はハマりました。

ゲーム名 そういうお前はどうなんだ?
ジャンル パーティーゲーム
プレイ人数 3〜6人
対象年齢 12歳以上
所要時間 20分

【そういうお前はどうなんだ?】ってどんなゲーム?

プレイヤーは最初に配られるキャラクターになりきって、殺人事件の犯人を探します。しかしプレイヤーの中に犯人はいません。

では何をするかと言うと、プレイヤーは誰か1人を犯人にでっちあげます。

“”
“”
お前が犯人だ!!なぜなら〇〇だから!!
“”
“”
いやいや俺は犯人じゃないなぜなら〇〇だから!!
“”
“”
でもお前の部屋にあるナイフはどう説明するんだ?

このように出てくる証拠をもとに推理を披露し、犯人として疑われた人は即興で言い訳を考えて他者を説得させます。

即興で面白いことを言う大喜利系パーティゲームの変化形です。

内容物

ルールブック 1冊

カード 113枚

【そういうお前はどうなんだ?】のここが面白い

【そういうお前はどうなんだ?】は人狼やマーダーミステリーなどの正体隠匿ゲームが苦手な人でも気軽に議論を楽しむことができるのがおすすめポイントです。

また即興大喜利系のボードゲームのように無理に面白いことを言わなくてもいいので、大喜利系が苦手という人にもプレイして欲しいです。

“”
“”
安心してください。必死に言い訳をするだけで自動的に面白くなります!

僕がプレイした時は、プレイヤーの悪ノリの末<屋敷裏で養殖されている沼アワビを称える宗教団体、沼アワビ教>と<それに対抗する川ホタテ教>の抗争によって被害者は殺されてしまった。というとんでもストーリーが出来上がりました。

ゲーム風景

おわりに

【そういうお前はどうなんだ?】は人気すぎて発売と同時に即完売となりました。
今はプレミア価格で4,000円代で売られています。正規価格は2,000円弱なので、みなさんお気をつけください。

以上、ケイでした!

トップページへ


こちらの記事もおすすめ